イメージ画像

薬剤師として長く働くための職場の選び方

近年、働き方が多様化してきたこともあり、最初から正社員で働くことを
選択するというわけではなくなってきています。また、求人案件で提示されて
いた情報は希望通りだったとしても、実際に働いてみてから全く違ったという
ケースも珍しくはないでしょう。

とはいえ、やっと就職できたにもかかわらず、すぐに辞めてしまうわけにも
いきませんし、嫌々ながら仕事を続けてしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで、薬剤師として長く働くための職場選びが重要となってきますが、
職場の良し悪しは働いてみなければ分からないというのが現状です。

ただし、紹介予定派遣を利用すると、また状況が変わってくるかもしれません。
紹介予定派遣とは、最大6ヶ月の期間を終了した後、正社員として直接雇用される
雇用形態の事を指しますが、雇用側と労働者との同意がなければ、正社員雇用
とはなりません。

そのため、長く働く為の職場の選び方の1つとして、活用することができる
でしょう。ただし、1つ気をつけておきたことは、必ずしも正社員になること
ができるわけではないということです。

自分の中では、是非正社員で働きたいと思っていても、企業側で必要がないと
判断されてしまった場合、派遣期間で契約が終了することもあります。

ようするに、派遣で働いている間に、適性を見られているということです。
とはいえ、企業側としても、せっかく仕事を覚えてきた人をそのまま切って
しまうことは惜しいといえますし、よほどスキル不足などがなければそのまま
正社員として契約することができるでしょう。

長く働く為の職場の選び方の1つとして、紹介予定派遣をご紹介しましたが
いかがだったでしょうか。

最近の傾向としては、臨床開発に関する紹介派遣の仕事が多いようですので、
調剤の仕事とのギャップになれないこともあるかもしれませんが、
その他にも求人は多数出ています。

まずは利用者が多い派遣会社に登録し、いくつかの求人案件をチェックして
みると良いでしょう。

このページの先頭へ