イメージ画像

薬剤師の仕事には将来性ってあるの?

一昔前であれば、薬剤師の資格を持っているだけで、将来仕事に困ることは
ないと言われてきました。しかし、現在は薬科大学や薬学部が増え、
登録販売者資格ができたこともあり、薬剤師が余ってきているといわれています。

また、薬剤師は給料が高い仕事であるイメージが強い職業として知られて
きましたが、実際のところ年収300万円から600万円前後であることが多く、
それ以上の収入を目指すのであれば、調剤薬局などの経営者として仕事を
するしか方法がないのが現状だといえるでしょう。

以上のことから、薬剤師の将来性はあまり期待することができないようにも
見えますが、仕事の探し方や働き方を工夫することで、自ら将来性を作り
出していくことは十分可能だといえます。

これは、一体どういうことなのでしょうか。まず、仕事の探し方からみて
いくことにしましょう。通常、就職先を探す場合、何らかのコネなどが無い
場合はハローワークや求人情報誌を参考にして、就職活動を行うことになります。

しかし、求人数が限られていることや、好条件の求人があまり見当たらない
ことから、すぐに仕事を見つけることは難しいといえます。
そこで、活用していきたいのが、薬剤師の求人情報を専門で扱っている
就職支援サービスです。

薬剤師の資格を取得している人であれば、誰でも無料で利用できる他、
条件を絞って求人を探すことができるため、効率が非常に良いといえます。
また、コンサルタントが求人をいち早く紹介してくれることもあり、
一人で就職活動を行うようリも有利だといえるでしょう。

次に働き方についてですが、1つの方法として薬剤師以外の資格も取得して
就職に役立てるという考え方があります。

薬剤師の資格を取得するだけでも大変なことですから、ただ単に就職に
有利になるからという理由で取得することは避けた方が良いですが、
今後、高齢化社会が深刻化していくことを考えると、介護関連の資格を
取得しておくと有利かもしれません。

このように、薬剤師の将来性は感ならずしも暗いものだとは言いきれない
側面があります。今一度、最終的に自分がどうなりたいのかを考えた上で、
薬剤師の資格を活かしていきたいものです。

このページの先頭へ