イメージ画像

高収入が期待できる薬剤師の転職とは?

同じように仕事をするなら、より給料が高く、環境の良い職場を望むの
はごく普通のことです。

一般的に、医療関係者は高収入と考えられていて、薬剤師も比較的収入の
多い職業といえます。ある程度スキルのある中堅薬剤師の平均年収は
500万〜600万円、パートタイマーとして働く場合も、平均時給2,000〜3,000円代、
4,000円を超えるところもあります。

薬剤師として働く職場は、調剤薬局、病院、製薬会社、一般企業、
ドラッグストアなど幅広くあり、給与は職場や地域によって様々です。

都心部に求人が集中しているので、少し離れたところだと好待遇で迎えて
くれるところもあります。通勤が可能であれば、狙い目かもしれません。

「収入」をメインに考えると、製薬会社の薬剤師が最も高収入を得ることが
出来るようです。特にMR(製薬会社の商品である“薬”を医療機関など
に営業する際、専門的な情報提供を行う人)は、成果次第で高額報酬も
可能な職種で、中には年収1,000万円を超える人もいます。

MRの場合、医療機関を回って説明する仕事なので営業色が強く、
薬局で調剤するような事はありません。成果次第で報酬に差が表れるので、
やりがいがあって最適な仕事といえます。

次いで収入が多いのはドラッグストア、調剤薬局の順になります。
スタート時の年収はほぼ同じなのですが、ドラッグストアには昇格制度が
あり、それに伴う昇給により平均年収に約200万円の違いが出てきます。

病院の場合、病院の規模や規定によって収入が大きく異なります。
ベット数の多い所は比較的収入が多く、調剤のほか、患者さんへ薬の
説明や飲み方指導などを行うこともあります。

疾病に特化した専門薬剤師の資格があると、医療チームの一員となって
薬の処方を行うため、収入がアップします。

薬剤師に限らず、高収入の仕事には希望者が殺到しますので、
薬剤師専門の転職サイトを利用して効率よく転職先を探すと良いでしょう。

このページの先頭へ