イメージ画像

薬剤師の仕事

薬局にいる白衣を着た人のイメージがあると思いますが、
具体的に薬剤師がどのような仕事をしているかご存知でしょうか。
症状や処方箋どおりに薬を処方するだけではなく、職場も仕事内容も様々です。

まず、冒頭にも挙げた薬局にいる薬剤師の場合、症状に合わせた医薬品の
販売と商品の在庫管理などお店の運営業務を行います。調剤薬局の場合は、
処方箋を持った患者さんが訪れるので、使用上の注意などの説明を踏まえ、
薬を服薬指導するのが仕事です。

上記のように、医薬品や薬は患者さんの手に渡る前に試験を受けて
問題ないか判断される必要があります。

そこで、治験という開発段階の薬を実際に使用し、効能を確認する試験が
あるのですが、それが問題なく実施されているか監視する治験モニターと
いう職業があります。これも薬剤師の仕事です。

治験モニターと似た立場で治験コーディネーターという職業もあります。
開発中の薬を試験で服用するので、対象となる人は応募してくれた人で
あっても不安はあるものです。

そのため、対象者へ治験についての説明や質問を受け付けます。
また、治験の進行管理も治験コーディネーターが担います。

この他に薬の処方以外の仕事では、製薬会社で新しい薬品の研究や
開発をする仕事もあります。開発は研究に研究を重ねやっと市場に出回る
薬ができるので時間もお金も非常にかかることから、そのような職業に
就くのは難しいとされています。

製薬会社ではなくても、化粧品メーカーのような他の業界でも商品の
安全面を保障するために薬剤師が力を発揮しています。

最後に、意外なところでは、薬剤師が公務員として行政機関で働く場合も
あります。それも色々な機関で様々な仕事があります。
例えば環境衛生監視員として保健所で働く事などです。

いかがでしょうか。業界に詳しくなければ、薬局で薬を処方する人という
イメージが一般的だと思いますが、薬剤師といってもどんな仕事をしている
かはそれぞれだということが解ります。薬を軸に幅広い仕事が薬剤師には
あるのです。

このページの先頭へ