薬剤師転職サイト > 

薬剤師転職サイトでスムーズな転職を!

転職先をハローワークで探す方が多いと思いますが、時間と交通費を掛けて出向いたうえに長時間待たされる…大変ですね。しかも、求人票に掲載されている情報だけを頼りに、転職活動を全て自分一人でこなさなければなりません。

より早く確実に希望の転職先を見つけたい場合、薬剤師パート専門の薬剤師求人サイトを利用すると便利です。人材紹介会社の報酬は、採用側から支払われるシステムになっているので、求職者側の負担はありません。

しかも、プロのアドバイスや日程調整など、さまざまなサービスを受けることができます。薬剤師専門の転職情報も豊富に持っていますから、利用しない手はありません。

2~3社に登録しておくと情報が集まりやすく、効率の良い職探しができます。あまり多く登録してしまうと、情報がだぶることが多く、連絡が複雑になって面倒になるおそれもありますので注意してください。

人材紹介会社の利用方法は次の通りです。

人材紹介会社のホームページをみると、たいていの場合、求職者の基本情報(住所、氏名、連絡先等)を入力して仮登録するようになっています。仮登録後、送られてきたURLに返信することで本登録になり、自分専用の「マイページ」が作成され、今後のやり取りに必要なIDも提供されます。

スキルや転職先の希望等を入力して送信すると、社内で検討が行われた後、担当コンサルタントから連絡がきて説明がありますので、よく話を聞いたうえで希望するかどうか決めてください。この時点で、気になる事は早めに相談することです。

薬剤師求人サイトは利便性を重視

電話やメールではなく、コンサルタントと会って面談することが理想です。そのためにも、人材紹介会社は利便性の高いところを選ぶと良いでしょう。そういう意味でも、先ほど紹介した薬剤師転職支援会社の比較サイトは上手に活用してください。

希望する転職先が決まったら、履歴書等の書類を送付します。人材紹介会社経由で送付するのか、直接本人から求人先へ送付するのか、事前によく確認してください。面接時の対応のため、コピーをお忘れなく。

書類審査の結果は、コンサルタントから連絡がきます。通過した場合は面接に進み、コンサルタントが日時と場所の調整を行います。希望の職場を見つけるには、プロのアドバイスを受けることが一番の近道になります。もちろん、地元の薬剤師会でも求人支援は行っていますが、本職の求人支援会社に較べて、「かゆい所に手が届かない」特長があります。やはり転職支援会社を積極的に活用した方が無難でしょう。

薬剤師の転職先《管理薬剤師》

調剤薬局や病院保険薬局、またドラッグストアや製薬会社には、 お薬の製造・販売・取り扱いに関する責任者となる薬剤師を配置することが定められています。 この立場にある薬剤師のことを管理薬剤師といい、キャリアアップを目指すかたにぜひオススメしたい選択肢です。

薬剤師じたいは国家資格ですが、この管理薬剤師になるために何か他の資格が必要なのかと言えばそうではありません。管理薬剤師は、薬剤師免許を持っている方であれば基本的にどなたでも目指すことが可能なのです。

とはいえ、全くすべての薬剤師が簡単になれるのかと言えば、話は別です。お薬に関する専門的な知識はもちろん、医療保険や診療報酬、薬事法や薬剤師法についてなど、その勤め先によって様々なキャリアや知識が求められます。少なくとも3年以上の実務敬遠が必須だとも言われているのです。

また、管理薬剤師はその名の通りお薬を取り扱う職場において最も重い責任を背負う立場になります。 必然的にその業務内容は他の薬剤師とひかくして ハードなものにもなってくるでしょう。 またその反面、対価として収入がアップするというメリットもあります。

さらに「管理薬剤師を経験したことがある」というキャリア自体が、その後の転職に良い影響をもたらす事も多く、キャリアアップを目指す薬剤師の方にはぜひ押さえておいて欲しいステップなのです。 逆に、長年実務経験があるにも関わらず、一度も管理薬剤師を経験したことがないとなれば、 能力の低い薬剤師であると印象付けてしまう事もあり得ます。

管理薬剤師になるためには、あらかじめ「管理薬剤師を求人」している職場を探しましょう。 普通の薬剤師として就職したのちに、後々管理薬剤師になるケースもありますが、 そのようなステップを目指すのであれば規模の小さな職場が狙い目だと言われています。

大規模な薬局であれば、その分薬剤師の数も多く、チャンスも少なくなってしまうでしょう。 また、求人探しでは薬剤師に特化した転職支援サイトでコンサルタントによる転職相談を活用しましょう。

コンサルタントは転職の専門家です。あなやの希望や状況をみて、最適な転職先を見つける手助けをしてくれるはずです。
長崎大学病院

薬剤師の転職先《認定薬剤師》

薬剤師と一口にいっても、その活躍の場は多岐に渡ります。 それぞれが異なる資質が求められていますので、もしも今転職をお考えなのであれば、 あなた自身がどのような薬剤師になりたいのかを明確にしておく必要があると言えるでしょう。

ここでは、認定薬剤師についてお話しいたします。

認定薬剤師、ときくと、あまり耳馴染みのない言葉に感じるかもしれません。認定薬剤師とは、ある領域に関する専門的で高度な知識や技能を持った薬剤師であることを認められた薬剤師のことで、 大学・団体、または学会などからの認定を受ける必要があります。

認定を行う団体や学会、大学によってその認定基準は様々なのですが、 専門的なジャンルに関わる知識や技能、キャリアを持つものとして認められていることは共通しており、 認定薬剤師になればその後専門薬剤師としての選択肢も広がります。

そんな認定薬剤師ですが、その求人が薬剤師の中でも数が少なく、求人情報収集もなかなか思うように行かないかもしれません。どうしても専門的な求人に限られてしまうだけに、狭き門となってしまうようです。

そもで活用して欲しいのが、インターネットによる薬剤師に特化した転職支援サイトの存在です。 薬剤師に限らず、今や様々な方が転職ツールとしてインターネットや転職サイトを利用しています。

多くの求職者が見ている、利用している、ということは、そんな求職者を求める採用側もたくさん利用しているということにもなるでしょう。数少ないチャンスを逃さないためにも、まずはより多くの情報を入手することが大切です。

多くの求人数を抱えた転職支援サイトをうまく活用し、認定薬剤師へのチャンスをつかんでください。

また、転職支援サイトでのコンサルタントによる転職相談も有効に活用しましょう。 多くの場合、転職サイトには無料でコンサルタントによる転職相談を受けることが可能です。 あなたの希望や条件を伝えた上で、転職活動の専門家による目線でサポートをしてもらいましょう。